【マスタークラス受講ご応募ページ】
 2022年7月30日(土) 古部賢一 公開オーボエマスタークラス

商品番号  168802311

予約数

コンサートチケットのご予約と商品のご購入は同時に注文できません。
コンサートチケットは、ご予約のみとなっております。
販売はしておりませんので、商品とは別にご予約のみご登録ください。

お申し込みの注意点
●配送方法および支払い方法は「予約専用」を選択してください。
●システムの制約上、ご注文画面の販売価格が0円となります。
●入場料や聴講料などは、本文中の金額を参照してください。

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
・定休日は毎週月曜、火曜の2日間です。
・臨時休業となる場合がございますので、カレンダーをみてご注文ください。
・発送は、1~4営業日以内となっております。
・銀行振り込みを選択いただいた方は、入金確認より1~4営業日以内の発送となります。
・受注は毎日午前9時で締め切らせていただき、それ以降にご注文のお客様は、翌日の午前9時以降に受注確認させていただきます。
古部賢一 公開オーボエマスタークラス

オーボエ奏者の古部賢一先生を講師に迎え、公開マスタークラスを開催いたします。 オーケストラプレイヤーとして、またソリストとしての活躍はもちろん、各音大での指導や母校ミュンヘン音楽大学に招かれてのマスタークラス開催など後進の育成にも尽力されています。コンクールやオーディション対策の指導にも定評があるレッスンにご期待ください。演奏会や発表会、コンクール、受験、オーディションなどの演奏機会を間近に控えている方、また憧れの古部先生のレッスンを受けたい方からのご応募をお待ちしております。



【受講生募集期間】 2022年7月8日(金)まで
【募集人数】4名
【日時】2022年7月30日(土)13:30開場 14:00開演(17時終演予定)
【受講料】7,000円(40分)
ご応募の際は備考欄に
ヽ惺嗣召罰愬、もしくは最終学歴
⊆講希望の曲目(オーケストラスタディーをご希望の場合には3〜5曲) を必ずご明記下さい。

お電話のお申込みはノナカ・ダブルリードギャラリーまで。(筺03-5458-1541)

なお、ご応募多数の場合には受講曲目などの兼ね合いを見ながら抽選とさせていただき、7月9日(土)にこちらのページにて受講生を発表させていただきます。
※伴奏ピアニストは受講生ご自身でご手配ください。
※後日、録画による配信を行う場合がございますので、あらかじめご了承ください。

【古部賢一】
1992年に東京芸術大学卒業。在学中の1991年、弱冠22歳で小澤征爾率いる新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者に就任。1995年から翌年にかけてアフィニス文化財団海外研修員としてドイツ・ミュンヘン音楽大学大学院に留学。これまでに、オーボエを中山和彦、北島章、小畑善昭、小島葉子、ランダル・ヴォルフガング、ギュンター・パッシンに、また室内楽を村井祐児、中川良平の各氏に師事。
新日本フィル定期公演、ジャパン・チェンバー・オーケストラ、イタリア合奏団、ミラノ・スカラ弦楽合奏団など国内外の数多くのオーケストラのソリストとしてバッハ、モーツァルト、武満徹、R.シュトラウス等の協奏曲を演奏。また、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、宮崎国際音楽祭、木曽音楽祭などにもしばしば参加しており、海外においてもハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、シュトゥットガルト室内管弦楽団などにも客演首席奏者としてしばしば招かれている。
現在、新日本フィルハーモニー交響楽団特任首席奏者、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団特別奏者およびサイトウ・キネン・オーケストラ、いずみシンフォニエッタメンバー。また、東京音楽大学准教授、札幌大谷大学客員教授、相愛大学特別非常勤講師など後進の指導にあたるほか、国際オーボエコンクール・東京、日本音楽コンクール等の審査員を務める。第10回出光音楽賞をオーボエ奏者として国内で初めて受賞した。
【使用楽器:Marigaux M2】

【お願い】
●ご参加の際は検温、手指の消毒にご協力ください。
●発熱や体調不良がある場合は参加をお控えいただきます。

■ お問合せ
ノナカ・ダブルリードギャラリー
Tel:03-5458-1541
Mail:nmh.onlineshop@nonaka.com

イメージはありません。

カテゴリーから探す