2019年12月10日(火)片岡雄三クリスマストリオライブ

のこり 40  枚

一般3000円
学生2000円
チケット

コンサートチケットのご予約と商品のご購入は同時に注文できません。
コンサートチケットは、ご予約のみとなっております。
販売はしておりませんので、商品とは別にご予約のみご登録ください。

お申し込みの注意点
●配送方法および支払い方法は「予約専用」を選択してください。
●システムの制約上、ご注文画面の販売価格が0円となります。
●入場料や聴講料などは、本文中の金額を参照してください。

2019年12月10日(火)片岡雄三クリスマストリオライブ

2019年12月10日(火)
開場 18:30
開演 19:00

【料金】一般3,000円、学生2,000円
(※要予約・全席自由/当日券500円増)

【出演者】
片岡雄三(トロンボーン)
浅利史花(ギター)
大塚義将(ベース)

【会場】
ノナカ・ミュージックハウス
ノナカ・アンナホール6階

【プロフィール】
●片岡雄三 〜Yuzou Kataoka〜 /トロンボーン
1967年東京生まれ。中学校の吹奏楽部でトロンボーンを吹き始める。高校在学中より『宮間利之とニューハード』に参加。その後5年間活動する。1991年5月にニューハードを退団してジャズトロンボーン奏者として様々な活動を展開する。
自己のバンド『片岡雄三QUARTET』での活動の他、渡辺貞夫、日野皓正、北村英治、椎名豊、大坂昌彦、原朋直、川島哲郎、谷口英治等のコンボのソリストとしての参加の他、多数のビッグバンドのソリスト及びリードトロンボーン奏者として活動する。我が日本が世界に誇る名門ビッグバンド『原 信夫と♯&♭』のメンバーとして1996年からファイナルコンサートまで参加した。2008年度のスウィングジャーナル誌『第58回読者人気投票』トロンボーン部門で第1位。
また2008年度にアメリカの『コーン・セルマー社』のアーティストに日本のプレイヤーとして初めて迎えられる。
2009年度より昭和音楽大学ジャズコースの講師に就任。
スキップレコード社より自己のリーダーアルバムを2枚リリースしている。
2013年に一般社団法人『日本ポピュラー協会』の理事に就任する。
2014年10月にウィリーズ カスタムブラス社より自己のモデルのマウスピース『YUZO』シリーズが発売された。
2015年9月にはKING社より自己のモデルのトロンボーン『KING3Bライトウエイトスライド片岡雄三モデル』が発売された。
2016年から今まで在籍していたビッグバンドを全て退団して、コンボでの活動.リーダーバンド.ビッグバンドや吹奏楽のゲスト演奏等、ソリストとしての活動に専念する。

●浅利史花〜Fumika Asari〜/ギター
福島県出身。幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、兄弟の影響でギターに興味を持ち、高校在学時より部活動でジャズギターを始める。 それより福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通いジャズを本格的に聞くようになり、グラントグリーンやジムホール等に大きな影響を受ける。 2012年、大学進学に伴い上京。 岡安芳明氏、潮先郁男氏に師事。在学中より演奏活動を始める。ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、同世代のみならず、数々のベテランミュージシャンとも共演。精力的に活動している。

●大塚 義将 〜Otuka Yoshimasa〜/ベース
1986年群馬県出身。13歳からギターを始め、15歳からベースを始める。
18歳で専修大学進学のため上京。大学のビッグバンドサークルに入部し、様々なジャズに触れる。特にベーシストのRay Brownの演奏には強く感銘を受け、Ray Brownの演奏をお手本にしながら独学でジャズを学ぶ。徐々にコンボジャズへの興味も強くなり、2年次に同大学のコンボジャズサークル「MJAブルーコーラル」に入部を決める。MJAブルーコーラルでは、先輩である奥川一臣(p)、紺野智之(ds)らに指導を受け、ジャズのハーモニー、アンサンブル等多くのことを学ぶ。この経験が、現在の音楽の考え方や演奏スタイルに非常に大きな影響を与え、今なお重要な指針となっている。この頃から、都内のライブハウスなどで演奏活動をするようになる。2010年、2011年にはCarl Allen(ds)と共演。2018年にはJason Lee Bruns(ds)とのツアーのため渡米。活動の幅を海外に広げている。現在も都内を中心に精力的に演奏活動を行っている。

チケット
一般3000円
学生2000円

カテゴリーから探す