2019年7月28日(日)清川美穂x袴田美帆 Duo Recital Vol.II 〜ベリオと繁ぐイタリア現代音楽の世界〜

のこり 21  枚

一般2500円
学生1000円
チケット

コンサートチケットのご予約と商品のご購入は同時に注文できません。
コンサートチケットは、ご予約のみとなっております。
販売はしておりませんので、商品とは別にご予約のみご登録ください。

お申し込みの注意点
●配送方法および支払い方法は「予約専用」を選択してください。
●システムの制約上、ご注文画面の販売価格が0円となります。
●入場料や聴講料などは、本文中の金額を参照してください。

清川美穂x袴田美帆 Duo Recital Vol.II
〜ベリオと繁ぐイタリア現代音楽の世界〜

2019年7月28日(日)
開場 14:00
開演 14:30

【チケット】
一般2,500円 学生1,000円※当日500円増し
※当サイトはご予約専用となっており、チケットは当日会場受付にてお名前をお伝えください。

【出演者】
サクソフォン :清川美穂、袴田美帆

【プログラム】
L.ヤナーチェク 「草陰の小径にて」より
A.ヒナステラ 「デュオ」
L.ベリオ 「デュオ」より
H.ヴィラ ロボス 「ショーロ集」より第二番
G.シェルシ 「三つの小品」
M.ランツァ 「陽気な外科医」
L.ベリオ 「セクエンツァ7b」
L.フランチェスコーニ「トラッチェ」

【会場】
ノナカ・アンナホール(6F)

【プロフィール】
清川 美穂 〜Miho Kiyokawa〜
「伝わりやすい現代曲の演奏方法」に関心を寄せ、実際に作曲家の意見を伺い、時に記譜法などを提案しながら、様々な事情から初演以来日の目を見ない曲の再発掘や、他楽器の現代曲のサクソフォンへの編曲、新曲初演、ミクスト作品、アンサンブル作品等の現代曲の演奏を主な活動としている。これまでのリサイタルにおいて、一貫したコンセプトのもとに多様な作品を集めたプログラム構成に一定の評価がある。また、テナー・サクソフォンの可能性について、スタイルや音域を超えて様々なアプローチから追求し、全曲でテナーを用いるリサイタルを2019年にフランスで開催した。2019年にアンリ・デュティユー音楽院(クラマール)の最高過程のサクソフォン科を満場一致の最高賞・賞賛付きで修了、同院の現代音楽科に在籍中である。

袴田 美帆 〜Miho Hakamada〜
愛知県立一宮高校、神戸大学国際文化学部卒業。美術、博物館学やアートマネジメントを学び、神戸国際芸術祭を中心とした文化事業企画に携わる。在学中、交換留学生としてパリ第7大学人文芸術学部へ在籍。同時にパリ6区音楽院専門課程へ入学、ディプロマを取得し卒業。第8回ナント国際サクソフォンコンクール第1位。現在、パリ国立高等音楽院サクソフォン科第一課程に在学中。他楽器とのアンサンブルや、絵画や演劇とのコラボレーション企画、文化育成事業等に積極的に取り組んでいる。2019年4月にパリ音楽院でのサクソフォン四重奏、トリトン・カルテットの一員として2週間の中国ツアーに参加し、9都市でコンサート、マスタークラスを行い好評を得る。2018年度、Tarrazi 財団より助成を受ける。
チケット
一般2500円
学生1000円

カテゴリーから探す