2018年7月23日(月) ファビオ・クリー ファゴットマスタークラス

のこり 49  枚

予約数

コンサートチケットのご予約と商品のご購入は同時に注文できません。
コンサートチケットは、ご予約のみとなっております。
販売はしておりませんので、商品とは別にご予約のみご登録ください。

お申し込みの注意点
●配送方法および支払い方法は「予約専用」を選択してください。
●システムの制約上、ご注文画面の販売価格が0円となります。
●入場料や聴講料などは、本文中の金額を参照してください。

ファビオ・クリー ファゴットマスタークラス

【日時】
2018年7月23日(月)
開場18:30 開始19:00

【会場】
ノナカ・ミュージックハウス アンナホール

【料金】
聴講料 無料 ※要予約

【ミニコンサート】
ミニョーネ/無伴奏ファゴットのための16のワルツ より
C.P.E.バッハ/ソナタ
ほか

ファビオ・クリー -Fabio Cury -
ファビオ・クリーは、カンピーナス州立大学でパウロ・ジャスティ教授に師事。卒業後、ハノーファー高等音楽院のクラウス・トゥーネマン教授のソロ・パフォーマンスクラスに入学。2002年以降、サンパウロ大学のバスーン科教授を務める。サンパウロ州立交響楽団およびサンパウロ・オペラハウスの首席バスーンニストを務める一方、カメラータ・アベルタの創立メンバーの一人で、APCA(サン・パウロ芸術批評家協会)とブラボー賞を受賞。CDの製作もバロック期のバッハの作品から、カメラータ・アベルタと共演した現代音楽まで豊富なレパートリーを持っている。特に、Mignone、Villa-Lobos、Guarnieri、Claudio Santoro、André Mehmari、Antônio Ribeiro、Alexandre Lunsquiなどブラジル人作曲家による作品のレコーディングに重点をおいている。彼のアルバムVelhas e novas cirandasは、バスーンとオーケストラのためのブラジル音楽になりますが、2010年のベストCDに選ばれAPCA賞を受賞。

イメージはありません。

カテゴリーから探す