CD 【1st アルバム】 冨岡祐子 : Episode Quatrieme -エピソード・キャトリエム-

商品番号  130519261-691S60361

3,300円(税込)

在庫状況 のこり 5 

購入数

コンサートチケットのご予約と商品のご購入は同時に注文できません。
コンサートチケットは、ご予約のみとなっております。
販売はしておりませんので、商品とは別にご予約のみご登録ください。

冨岡祐子 1st アルバム!

実力派女流サクソフォーン四重奏団“サクソフォン・カルテット・アテナ”テナー・サクソフォン奏者 冨岡 祐子
待望の1ST アルバム「Episode Quatrieme -エピソード・キャトリエム-」発売!
全編テナー・サクソフォンによる内容充実の一枚。



冨岡祐子 : 「?pisode Quatri?me -エピソード・キャトリエム-」

■テナー・サクソフォン 冨岡祐子
ピアノ 佐野隆哉

■収録曲
■バッハ/ヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタBWV1029
Sonate g-moll BWV1029/Johann Sebastian Bach
■ フランク/ヴァイオリン・ソナタ
Sonate/Cesar Franck
■ ジョラス/エピソード・キャトリエム
Episode Quatrieme/Betsy Jolas
■ アーン/クロリスに
A Chloris/Reynaldo Hahn

レーベル:マイスター・ミュージック
品番:MM-3060



冨岡祐子〜Yuuko Tomioka〜

東京藝術大学を経て、同大学大学院修士課程修了。
2005年に渡仏し、フランス国立ブール・ラ・レンヌ音楽院にて研鑽を積む。同音楽院を審査員全員一致の特別最優秀賞で卒業。また室内楽においても審査員全員一致の優秀賞。2007年、パリ日本文化会館主催「日本の音楽の若き才能コンサート」に出演。好評を博す。その他、パリ市内外でリサイタル等の演奏活動を行うなど、意欲的に活動。また2010年よりピアニスト・羽石道代と共にSeries FOCUSリサイタルシリーズを展開。現在は定期的なソロ・リサイタルの開催等ソロ活動の他、“サクソフォーンカルテット・アテナ”のテナー奏者として室内楽活動、また様々なオーケストラのエキストラ出演をはじめ、後進の指導にも力を入れるなど、幅広く活動している。マイスター・ミュージックよりサクソフォーンカルテット・アテナのアルバム「水晶の籠」、「Le Bal」をリリース。これまでにサクソフォンを冨岡和男、須川展也、平野公崇、エルワン・ファガンの各氏に、室内楽を中村均一、ディディエ・ドゥレットルの各氏に師事。


【ピアノ】佐野隆哉〜Takaya Sano〜
ダイナミックにして繊細。天性のイマジネーションから織りなす「色彩感」と「叙情性」に満ちた"実力派"ピアニスト。
1980年東京生まれ。都立芸術高校、東京芸術大学を経て、同大学院修士課程を修了。2005年に渡仏後、パリのスコラ・カントルム高等課程を最優秀で修了。その後、日本人男性として初めてパリ国立高等音楽院「第三課程研究科」(博士課程)からの入学を許可され、2008年に修了。在学中より、日本音楽コンクール第2位入賞(03年)を始め、世界各地の「国際ピアノコンクール」で多数入賞。ホセ・ロカ国際2位(スペイン・08年)。ロン=ティボー国際5位及び聴衆賞、特別賞(仏・09年)。ショパン国際ディプロマ(ポーランド・10年)等を受賞。これまでに、フランス国立管弦楽団、パリ国立高等音楽院オーケストラ、東京交響楽団、大阪フィル等と共演。国内はもとより、フランス、ヨーロッパ各地でリサイタルを開催し、好評を得ている。「室内楽」の分野においても、パリ国立高等音楽院室内楽科を審査員満場一致の最優秀で卒業。日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門[共演者賞](03年)、国際サキソフォーンコンクール名誉ディプロマ(ポーランド・09年)を受賞するなど、国内外の幅広いジャンルのアーティストから厚い信頼を得ており、ソロ活動に留まらず多方面で活躍している。2010年冬に帰国。現在、演奏活動の傍ら、東京藝術大学、国立音楽大学、都立総合芸術高校にて非常勤講師も務めている。平成16年度青梅市芸術文化奨励賞受賞。
2013年ファーストCD「DANZA」(LPDCD-010)をリリース。

イメージはありません。

カテゴリーから探す